働くなら教育制度のしっかりしている総合病院

 

働くなら教育制度のしっかりしている総合病院が希望です。看護師は国家資格を取ったらなることが出来ますが、基本的にどの科でも働くことが出来るように勉強をしています。そのために就職をした病院の意向のままに科が決まるのですね。その科で働いていると、必要のない知識がどんどん失われることもあります。また転職を考えた時に、また勉強をし直さなければとかこのままの知識で大丈夫かと心配になるのですね。
看護師人気施設5
その点総合病院に転職したとしても、安心できるのがその教育制度なのです。もちろん新人看護師のように一から指導があるわけではありません。しかしその科に必要な技術を身に付けるために指導があるのです。その方法は、プリセプターが付いて個人指導がある場合もありますし、テクニカルラダーにそって段階を得ながら必要な事項を勉強していくこともできます。そのために不足している知識を補うことが出来るのです。

 

もう一つ総合病院の教育制度で良いところは、外部講師を招いて講演があったり、病院内部の職員でも、専門看護師や認定看護師の講演を聞くことが出来るという点です。

看護師の中には、向上心の強い人もいます。また自分の科と強い関連がなくても、自分の勉強のために研修や講演を受けたいという人は少なくないのです。
でも看護師というのはシフト制で忙しいこともあるので、なかなか外部の講演に行くこともできません。そんな時に自分の病院で研修や講演を受けることが出来るチャンスがあると、勉強したい看護師にとってメリットが大きいのです。
看護師人気施設6
また総合病院の教育制度は、認定や専門看護師への道を支援してくれる制度があるところも魅力的です。その資格を取るためには、6ヶ月職場を離れて研修を受ける必要があります。しかしながら支援制度があると、病院に在籍したまま研修を受けにいける、また職場に戻ってくると、今度はその資格が給料にきちんと反映されることがあるので、総合病院はおすすめなのですね。