地域に根付く個人クリニックが働きやすい

 

看護師の資格を持っている場合、個人の適性にもよりますが、自分自身のライフスタイルを守って、患者さんとのコミュニケーションを大事にできる就業形態が一番好ましいといえるのではないでしょうか。
そしてその考え方に基づいたのであれば、介護施設や個人クリニック等に絞られてきます。しかしながら、介護施設となれば、いかに患者さんとの関係は深くなりますが拘束時間も非常に長くなります。さらに自分自身のライフスタイルで働けなくなる可能性もあります。
看護師人気施設8
となれば、一番マッチした就業形態が個人クリニックになるわけです。もちろん、個人経営なので多くの人数が確保で来るわけでもなく、忙しいこともあり、シフトもぎりぎりまで決まらないという弊害も発生するかもしれません。働くなら教育制度のしっかりしている総合病院

 

仕事内容についても本来の看護師の仕事だけではなく、受付から、予約、さらにはレセプトチェックまで行う必要もあるかもしれません。

しかし、当初の目的から考えた場合に、患者さんとの接点が非常に大きくなることは間違いありません。それも地元の個人経営ともなれば、常連さんもいれば、顔見知りになることも考えられます。

何よりも先生(個人クリニックの医師)と小規模経営で自分自身が地元に貢献できていると肌で感じることが出来ることが何よりもやりがいにつながると感じることができます。
看護師人気施設7
あとは個人の考え方次第です。自分自身の所有する看護師の資格をどこでどう生かすのか、地元に貢献すること、密着すること、患者さんと近い存在になることを考えるのであれば、個人経営のクリニックが一番であることは言うまでもありません。先生との信頼関係も築いて、かつ自分自身の資格を生かした仕事が出来るのであれば、充実した毎日が待っていることでしょう。資格を単なる生活費のためと考えず、やりがいも加味して考えること、これも大事です。