時間に追われず、定時内で申し送りを済まして帰るなら…

 

介護施設の看護業務が良いと思います。まず、介護施設によっては休日もオンコール対応の施設もあるようで、それが給与面に反映している条件である場合もあります。しかし、仕事のオンオフを重要視するのであれば、それは精神衛生上よろしくないのではないかと思います。

 

現在の職場では、8:45〜17:00の日勤と16:45〜9:00の夜勤の2交代制です。ほぼほぼ残務がなく、休日オンコールもないです。利用者の急変時対応以外では、定時内に申し送りが行われ、次の勤務者への引継ぎがうまく行えています。
看護師人気施設15
施設全体が4名部屋で個室は2部屋のみ、100床に対して日勤で看護が平均4名〜5名常駐しており、リーダーナース、処置全般にまわるフリーナース、入浴介助やラウンドしているパートの看護あわせて大体そんな配置になっています。

部屋持ちの利用者はいますが、ベットの回転率が総合病院などの入院病棟と違いペースが遅いためか急を要する処置や時間が決まった経管栄養準備など省いても、書類業務の雑務が割とゆったりしたペースで出来ます。

 

あとは、対象の利用者の看護ということになりますが、高齢者介護施設ならではのつきものですが、疾患が慢性型が多い点と看取りのケースが最近多いような気がします。特にご家族から施設での看取りを希望されるケースが非常に増えています。
看護師人気施設16
そのためのICの調整や立ち合いが多く、実際にエンゼルケアも年平均で月に1〜2件あるかないかだと思いますが、今後も増加してくるのではないかと思います。地域密着型の介護施設であれば、割とご家族も近居のケースが多いため家族が面会ついでに介助を手伝ってくださったり、家族的な雰囲気で利用者支援できる点はやりがいです。あまり介護施設に興味がなく、仕事と割り切ってやる分にも、基本は定時であがれる施設も探せばあると思います。なので、オンオフを大事にするのであれば選択肢の一つとしたありかと思います。